競馬予想に欠かせないアイテムを Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


◯おすすめ度★★★★☆《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

スポンサーリンク



WordPressをインストールしたら最初に行いたい初期設定6つ

スポンサーリンク



WordPress―初期設定とプラグイン―――。

取得したサーバーにWordpressをインストールし終わったら、初期設定に移ります。

その際に設定しておくべき、Wordpressプラグインというものがあります。

WordPressを知っている方なら、これとこれとこれを入れるっていうのが、わかっていると思います。そしてそのプラグイン自体も人によって千差万別です。

そんな中で、私自身が使用してみて、よかったものを選りすぐって紹介していくので、お見逃しなく。

それでは、早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク



WordPressの基本!初期設定を行っていこう!

最初は、このサイトをご覧になったのも何かの縁なので、とりあえずこのサイトの初期設定を真似してやってみる。

そのあとで、またいろいろなサイトを目にしていくと思うんだけど、その都度いいなって思うものがあたっら、そのやり方を取り入れて、やってみるようなやり方でやっていったほうが、いいと思います。

では、Wordpressの管理画面にログインした状態で、読み進めていってください。

では、私が選ぶ初期設定の6つをご紹介する。

  1. 一般設定 ;サイトタイトルやメールアドレスなどの基本的設定
  2. 投稿設定;記事や固定ページの投稿に関する設定
  3. 表示設定 ;トップページに表示するコンテンツやRSSフィードに関する設定
  4. ディスカッション設定;コメントやピンバックに関する設定
  5. メディア設定;画像サイズに関する設定
  6. パーマリンク設定 ;記事や固定ページのURLの表示方法に関する設定

疎かにしてしまいがちですが、なかなか重要なこともおおくあり、Wordpressに深く精通することなので、じっくりと読み込んでみるといいですよ。

では、最初に行う設定に行っていくよ。

①一般設定

一般設定では、サイト管理に関することを行うことができる。

  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • ワードプレスアドレスとサイトアドレス
  • メールアドレス
  • メンバーシップ
  • サイトのタイムゾーン

この一般設定の画面に行く方法

WordPressにログインし、左メニューの一番下の『設定』にカーソルを合わせたら、一般をクリックすると、一般設定の画面にアクセスすることができる。

下は、サイトタイトルとキャッチフレーズの設定です。

この二つは、Wordpressをインストールした時に、すでに入力した内容だが、理想的なサイトタイトルにすることで、これから先のキーワードや検索エンジンの検索結果やアクセスアップの話につながっていくので、じっくり決めるべきなのです。

キャッチフレーズなのだが、これは、あとから解説していくが、SEO上不利になることはあっても、有利になっていくことはない。だから、キャッチフレーズは空白のままでもよい。

下記の記事でじっくり解説していくので、合わせて読んでもらいたい。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定

こちらは、両方同じアドレスになっている。

私の経験では、ワードプレスアドレスとサイトアドレスも/wp/ディレクトリ下ではなく、トップレベルドメインのこのサイトでは、.net下に入れておいたほうが、SEO的に高いパフォーマンスが期待できる。

なので、Wordpressのインストールは、トップレベルドメイン下にすることをお勧めする。

メールアドレスの設定

これは、権限を制限したWordpressアカウントを設定したいときに便利なのです。

上記、タイムゾーンの項目は、東京に設定。

最初から、日本用のWordpressをインストールした場合は、最初から日本用に最適化されて入る。

② 投稿設定

ここでは、Wordpressの記事投稿や固定ページの投稿に関する設定を行う。

WordPress管理画面より、『設定⇒投稿設定』の順でクリックすると、

投稿設定画面にアクセスすることができる。

デフォルトのままでよい。

③ 表示設定

表示設定では、サイトのトップページに表示するコンテンツの内容を変更したり、RSSサービスに関する設定を行うことができる。

具体的には、この3つの設定を行う

  • フロントページの表示の設定
  • RSS/Atom フィードに関する設定
  • 検索エンジンでの表示 (インデックス設定)

表示設定のアクセス方法は、『設定⇒表示設定

の順でクリックすると表示設定の画面にアクセスすることができる。

フロントページの表示の設定

ここでは、サイトのフロントページに表示するコンテンツを設定することができる。

デフォルトの状態では、サイトのトップページでは、最新の記事が複数表示されるようになっている。

その下の固定ページにチェックを入れると、トップページに表示される内容を、ある一つのページに固定することができる。

これは、通常だと、普通のブログのようなデザインだが、フロントページ固定機能を使うと、サイトのように見せることができるのが、特徴です。

また、”Twenty Twelve”では、この機能を使って、トップページをサイトのように見せることが可能で、大半のテンプレートでは、トップページに特定の固定ページを表示することまでしかできず、フロントページの自由度は、使用テーマによって、異なってしまう。

ページの表示投稿数は、自由に決めてもらっていい。
ただ、表示する件数が多いと、サイトが重くなってしまい、読み込み速度が遅くなってしまうので、10記事前後の記事数にすることが望ましい。

RSS/Atom フィードに関する設定

フィードは、ブログ記事を公開した時に、自動で登録者に通知してくれる機能のことで、これは、Wordpressには、最初から備わっている。

ただ、これらの設定は、あまり意味がなく、RSSリーダーを使用している大半がFeedlyというサービスを使用している。

このFeedlyは、サイトの過去の記事をすべて読み込んで、自動で抜粋を表示してくれるようになっている。

検索エンジンの表示の設定(インデックス)

ここは、サイトのインデックスに関する設定を行うことができる。

このチェックボックスにチェックを入れると、サイト全体にnoindexが設定される。

チェックを入れるときは、まだ作り途中のサイトをインデックスされたくないときに、チェックを入れるとよい。

ただ、ここにチェックを入れっぱなしにしていると、検索エンジンに検索されないので、サイトを作り終わったら、チェックを外すことを忘れないようにしなければならない。

④ ディスカッション設定

ここでは、コメントに関する管理方法を設定することができる。

具体的な設定項目はこの4つ

  1. 投稿のデフォルト設定
  2. 他のコメント設定
  3. コメントモデレーションの設定とブラックリストの設定
  4. アバターの設定

になります。

ディスカッション設定画面のアクセス方法

WordPress管理画面左のメニューより、『設定⇒ディスカッション』の順でクリックする。

投稿のデフォルト設定

ブログの記事から、他のサイトへリンクをしたり、他のサイトからリンクを

貼られたりした際の、通知に関する設定を行う。

すべてのリンクへの通知を試みる』にチェックを入れると、自分のサイトから、他のサイトへリンクを貼った時に、相手サイトに通知メールが届くようになる。

『他のブログから、の通知を受け取る』に、チェックを入れると、相手サイトから、リンクを貼られたときに、あなたに通知が来るようになる。これをピンバックという。

この仕組みを使うことで、アクセス数の少ない初期の段階で、他のブログの運営者に自分のサイトを知ってもらうことができるので、チェックを入れておこう。

他のコメント設定

ここは、ブログ記事に対するコメントに関する設定を行う。

スパムコメントを防ぐためにも、名前とメールアドレスの入力は、必須にしておこう。

また、コメントがついた時も、メール通知ができるので、これらのボックスにチェックを入れておけば、コメントが投稿されたときに、一般設定で設定したメールアドレス宛に通知が届くようになる。

アドバイスとして、スパムコメントがあることを考えると、ブログコメントは、手動設定にしたほうがいい。

コメントデモレーションとコメントブラックリスト

これに関しては、Akismetというプラグインで設定できるので、ここではやることはない。

この記事を参考に設定を行うといい。

⇒Akismetの設定方法

アバターの設定

アバターとは、コメント欄に表示される画像のこと。

その、アバターの表示に関する設定を行える。

ここでの設定は、デフォルトのままにしておこう。

⑤ メディア設定

メディア設定では、Wordpressの記事や固定ページに画像を表示する時の画像サイズを指定するための機能です。

アクセスは、Wordpressの左メニューから『設定⇒メディア』の順でクリックすると表示される。

ここでは、画像サイズの、サムネイル、中程度の画像のサイズ、大きな画像のサイズを指定しておこう。

そうすると、記事中に画像をアップロードする時に、その表示サイズをここで設定したものの中から選べるようになる。

⑥ パーマリンク設定

これは、Wordpressで作ったページのURL をどのように表示するかを指定することができる。

SEOの観点からも重要な部分なので、設定は慎重にしておきたい。

パーマリンク設定画面のアクセス方法

WordPress 管理画面左メニューの『設定⇒パーマリンク設定』の順でパーマリンクにアクセスする。

パーマリンクの設定方法

ここでは、カスタム構造にチェックを入れ、『/%postname%』と入力しよう。

記事や固定ページを編集画面で、固有のパーマリンクを設定できるからだ。

エラーなどが出てしまう、投稿名でも大丈夫です。

WordPress インストール後に設定する6つ  まとめ

設定に関しては、地味に疲れますね。

ただ、これをやっておくと、Wordpressの使い方の幅が広がるので、ぜひ、最後までしかっり実践しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク