競馬予想に欠かせないアイテムを Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


◯おすすめ度★★★★☆《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

スポンサーリンク



これでアクセスアップ!サイト設計図を構成してキーワードを選定しよう!

スポンサーリンク



サイト設計図とキーワード選定―――。

サイト設計図とは、サイトの記事構成などをまとめたサイトの基礎となる設計図です。

設計図は、家やビルを建てるのと同じように、サイトを構成する記事やその他の必要情報をまとめます。
ブログやメディアサイトを運営する場合に設計図は必要となるので、ここでじっくりお話していくよ。

それでは早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク



記事ストップ厳禁❣サイト設計図を作ろう

例えば、ブログで挫折する原因は、ネタ切れによる記事更新のストップです。

運営スタートの前にサイトの設計図を作成していれば、ネタ切れによって記事更新がストップしてしまうことがありません。

『段取り8分・仕事2分』と昔から言われているでしょ。

サイト設計図を作成する段階で、すべて結果は8割決まっているんです。

いつ?どのようなテーマを?誰に向けて発信していくのか?をきちんと決めておけば、お客様や読者さんに価値をしっかり伝えていくことができなくなってしまうからです。

ブログやメディア運営に取り組む時間を無駄にしないためにも、最大限時間帯効果を伸ばすためにも、まずはサイト設計図を作りましょう。

サイト・メディア設計図とは

サイトやメディアの設計図とは、運営する時に必要なサイト全体の設計図のことです。

設計図を作成していれば、個人でブログを運営されている場合でも挫折することがなくなり、収益化目的でサイト運営されてる場合でも、収益率を高めることができ、会社や組織でメディアサイトやオウンドサイトを運営されている場合でも、意思疎通ができ、効率アップが見込めるサイト運営ができます。

マーケティングの7世界では、”リサーチで8割の結果が決まる”と言われており、サイトの設計図の作成作業は、文字通りマーケティングの作業とも言えますね。

個人でブログやメディアを運営していくのであれば、最低でも3日、出来れば1週間の時間を取り、設計図作成、マーケティングリサーチに時間を費やすことをお勧めします。

サイト設計図を作成すべき SEO対策

SEOとは、検索エンジンで上位表示をさせることを目指すことです。

(Search Engine Optimization-検索エンジン最適化と呼ばれているものです。)

検索サイトと言えば、メインはYahoo!とGoogleです。

(今ではYahoo!はGoogleのものを借りて使っています。)

質の高いコンテンツは、Googleに高評価をつけられ、検索上位に表示されやすくなります。

なので、ユーザーニーズの理解をし、SEOを意識した、サイト作成が必要になってくると言われています。

SEO対策についてはこの記事でご紹介しています。

⇒SEO対策の第一歩❣検索キーワードの背景を知ろう

サイト価値を適切にニーズに届けよう

事前にサイトテーマが決めていると、書き始めから、書き、終わりまで軸に沿った芯のある文章を書く事ができます。

途中で新しいアイディアが生れてくることもありますが、もし、生まれたアイディアが今書いているテーマに合わなければ、後日改めてテーマを変えて記事を書くこともできます。

なので、自分のサイトの価値を高めるためにも、サイト設計図は必要なのですね。

サイト設計図作成に必要な3ステップ

  1. 参入ジャンルを決める
  2. カテゴリー分けをしよう
  3. キーワードをピックアップしよう

1⃣参入ジャンル設定ーどのテーマでブログやサイトを作るか決めよう。

お勧めは、あなたの得意分野。ビジネス目的であれば、ビジネス直結の分野。

収益目的であれば・・・

2⃣カテゴリ分け

選んだ、テーマに沿ったカテゴリー分けを行います。

これによって、訪問した読者さんが知りたい情報に行きつく、知りたい情報に行きやすくなります。

ただ、細かくカテゴリー分けし過ぎるとごちゃごちゃになってしまうので、基準があるわけではないので、自分の発信に合わせて調整する事をお勧めします。

3⃣キーワードをピックアップ

カテゴリ分けまで済んだら、その関連するキーワードやテーマに沿ってキーワードをできる限り、ピックアップします。

サイトの設計図の作り方ー具体的な設計図作成方法とは

サイト設計図作成には、Googleが無料提供している『Googleスプレットシート』を利用します。

ここですることは、テンプレート作成して

カテゴリーとキーワードを整理して入力していきます。

カテゴリーから派生するキーワードを書き込んでいきんす。

キーワードリサーチとキーワードピックアップの方法、スプレッドトシート作成方法は

こちらでご紹介していきます。

いかにやることを1店に絞り記事更新していく

サイトの設計図を作り終わったら、あとは記事を書くだけ。

重要なことは、フォーカスを1点に絞ることが重要です。

限りある時間を最大限活用するには、サイト設計図を完成させて、すべての準備を終わらせて、あとはひたすら記事更新の状態に半強制的に持っていくことが成功の秘訣です。

サイト設計図のコツ❣意識する3つのコツ

1⃣最低100記事、目標は300記事超え

これは、検索エンジンに認識され始めるのに100記事くらい必要だからです。

3か月毎日更新で大体100記事に達するので、これを目標にするといいでしょう。

日々の積み重ねで記事を更新することが、日課となり、更新が苦ではなくなります。

もちろん、1日に2~3記事更新していけば、もっと早い段階で検索エンジンに認識され、質や量が多ければ、検索エンジンに認識してもらうことも可能です。

そして、ブログやメディアサイトで大きくビジネス的な結果を求めるのであれば、ボリュームは非常に重要な要素で、ビジネス目的であれば、300記事分ほどの設計図が必要でしょう。

あとは、ひたすら記事更新状態に持ち込むことが本当に重要です。

2⃣コピーコンテンツは作らない

100記事300記事の更新が大変だからと、記事をコピーしての量産は絶対してはいけません。

あっちの記事でもこっちの記事でも同じような記事を書いていてもコピーコンテンツとみなされてしますため、SEOの記事だったら、その一つの記事に情報を詰め込むようにしましょう。

設計図を作成段階で、内容の重複に注意しながら、作成していきましょう。

3⃣リサーチが重要

一流のマーケターや億を稼ぎ出すコピーライターたちは、本当にリサーチを大切にしています。

1か月ひたすらリサーチに集中することはもちろんでし、数か月単位でリサーチに費やすことも全然普通の事なのです。

それほどまでに、準備は大事なことなのです。

アクセスアップ❣とサイト設計図を構成してキーワードを選定しよう  まとめ

ここまで、読んでくれてありがとう。

皆さん最初は、兼業という形でやると思います。

仕事で帰ってきてひたすら記事更新という、作業が続くと思います。

ここの頑張りがのちの幸せ、目標達成に近づくので、頑張って続けていってほしいですね。

設計図を作成していないと、これらすべての作業が無駄になってしますのです。

毎日1記事を目標に頑張っても、一年後にアクセスがほとんど集まらない、SEOも全く聞いていないこともあります。そんな最大限時間帯効果の悪いことはありません。

辛い作業のサイトの設計図ですが、1年後の未来のことを考え、設計図さえ作ってしまえば、あとは、ひたすら記事更新していくだけなので、サイト作成も手順通り、作業するだけです。

限りある時間を有効活用するためにも、ブログやメディアサイトを運営する場合はぜひ、サイト設計図を作って、具体的な更新作業をしていってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク