競馬予想に欠かせないアイテムを Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


◯おすすめ度★★★★☆《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

スポンサーリンク



【解説】WordPressにGoogle Search Consoleを導入する理由について解説します

スポンサーリンク



Google Search Consoleを導入しよう―――。

Google Search Console(サーチコンソール)とは、アナリティクスがアクセス解析等の外部のリサーチツールであることに対して、検索エンジンに認識されているページ数などの内部状況をリサーチするツールです。

何かあった時のGoogleさんとのやり取りも基本的にはサーチコンソールの役目です。

なので、こちらも導入しましょう。

ということで、開設していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク



WordPressにGoogle Search Consoleを導入しよう

では、このサーチコンソールの機能をご紹介していくよ。

  • どの検索ワードでサイトに読者さんが訪れたか
  • アクセスが減少した時の原因は何か
  • SEO(検索順位)に関する自分サイトの状態

このように、サイトのことを事細かに教えてくれるツールなのです。

そして、ブログやWEBサイトの運営者であれば、導入必須のツールなのです。

しかも無料です。

Google Search Console 3つの機能

  1. 検索クエリが確認できる
  2. ペナルティー通知を貰うことができる
  3. Googleさんとのやり取りの窓口になる

これが、特に重要な機能の3つです。

では、1つづつ詳しく説明していきます。

1⃣検索クエリが確認できる

検索クエリとは、検索エンジンでどのようなキーワードでサイトに来てくれたかがわかる流動キーワードのことです。

この検索クエリを把握することで、一層訪問者の為になるサイト創りが出来ます。

検索流入数もアップさせることができます。

なので、検索クエリが見えるということで、流入のキーワードを把握できることで、その周辺情報コンテンツをどんどん投下することにより、さらに読者に満足度を向上させることができます。

逆に狙っているキーワードであまり検索流入を得られていない場合は、更に、狙ってるキーワードコンテンツを重点的に投下することができます。

サイト運営において、大きな指針となるのは、

キーワード=ニーズ』です。

検索エンジンでの最もの基礎は、お悩み解決です。
お客様や読者様のお悩みや期待に応える、最強のコンテンツマーケティングです。

2⃣ペナルティーの通知を貰うことができる

サイト運営者にとって、検索順位は1,2位を争うくらい重要関心事項です。

Googleからペナルティーと聞くと、

『ドキッ』となってしまいますが、、、

この原因がわかれば、対策を練ることができます。

例えば、月にSEOだけで、100万円の収益を生み出してくれるサイトを持ていたとしよう。

このサイトが、何らかのペナルティーを受け、いきなりすべての検索順位が圏外になり、収益が0円になったら、ぞっとしますね。

これが、サーチコンソールがあり、何らかの連絡を受けられれば、Googleさんからの警告に紳士に対応すれば、警告を受けたポイントを改善することができるのです。

そして、改善点を修正すれば、復活のチャンスがあります。

なので、ペナルティの通知をマイナスに捉えるのではなく、さらにサイトをよくするためのきっかっけと捉えることが重要です。

3⃣Googleさんとのやり取りの窓口となる

ペナルティには、自動ペナルティと手動ペナルティがの2つの種類があります。

何か規約違反があれば、メッセージが送られてきます。

例えば、コピーコンテンツであるとか、極端にコンテンツの価値が低すぎるなどです。

その場合、指摘されたポイントを改善し、再審査リクエストを送信すれば、ペナルティを解除してもらえる可能性があります。

100%ではないですし、ある程度の期間を要しますが、とにかくチャンスを貰えるので、うれしいことです。

まとめ

これが、サーチコンソールを導入する理由です。

主に重要なのは、読者がどのようなきっかけで運営しているサイトにやってきたかがわかること。

キーワード=ニーズ わかれば、サイトをより良いコンテンツに発展していけるのが一番の理由になると思います。

サーチコンソールを導入し、より良いコンテンツを作っていこう。

⇒サーチコンソールを導入するための開設方法をご紹介

こちらで導入方法説明してるので、見てね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク