競馬予想に欠かせないアイテムを Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


◯おすすめ度★★★★☆《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

スポンサーリンク



ワンちゃん(犬)にブドウ(葡萄)はダメ!以外に知られていないブドウの危険性について理解を深めよう

スポンサーリンク



ワンちゃん(犬)がブドウを食べると・・―――。

夏のから秋にかけてブドウ(葡萄)の美味しい季節。

そんなブドウをワンちゃんが食べるとどうなるのか・・?

果物だし美味しいし、上げてみようとついやってしまう。

犬がもしブドウを食べてしまったら一体どんな症状が起こるのでしょうか?

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク



徹底解明!犬がブドウ(葡萄)を食べるとどういった症状が起きる?

一言でいうと中毒が起こります

そして、犬が中毒を起こすと食べてから2~3時間後から腹痛や嘔吐、下痢といった症状を繰り返すようになります。

もともと、腎臓に疾患があるワンちゃんならさらに危険性が増すでしょう。

ぶどう(葡萄)を食べて危険な量とは・・

個体差がありますが、中毒を起こす量としては、体重1㎏あたり32gが目安と言われています。通常売られている葡萄が1粒15g前後、体重3キロほどの小型犬なら6粒以上食べると中毒を起こすということになります。

レーズンの場合・・中毒量は1㎏につき、11g~30g程度。レーズンは、乾燥させて成分を凝縮しているので危険性が増します。小さくて食べやすく、パンなどにも使われているので、誤って犬が食べてしまわないように注意が必要です。

ただ、少量なら大丈夫という保証もありません。ブドウを一粒食べても中毒を起こす可能性もあるのです。

葡萄には細心の注意を払い、徹底管理をしましょう。

犬がブドウ(葡萄)を食べると中毒を起こす原因とは・・

原因はまだ特定されておりません。

専門家の話ですと、農薬や殺虫剤、カビなどの汚染が疑わしいということです。

今のところ身の方よりも皮を食べた方が危険性が高いのではということです。

もし愛犬がブドウ(葡萄)を食べてしまったら・・

すぐに、動物病院に連絡をし、獣医師の支持を仰ぎましょう。

いつ・どのくらい食べたか・をできるだけ正確に伝えられるようにしましょう。

万が一、急性腎不全にでもなったら、一刻も早く治療しなければ、命を落とすこともあります。

中毒から回復しても、腎臓にはダメージが残ります、食べてすぐは、大丈夫そうでも2~3日は犬の様子をしっかりと観察しましょう。

犬にブドウ(葡萄)の危険性  まとめ

人間には秋の味覚で人気のあるフルーツですが、犬が食べた場合には、中毒を起こして最悪の場合、死に至ることもあります。

愛犬が誤ってうっかりでも食べてしまわないように、しっかり管理をしましょうね。

もしもの時は必ず、動物病院に連絡をしましょう。

それでは、すてきなワンちゃんライフを。

スポンサーリンク
スポンサーリンク