競馬予想に欠かせないアイテムを Pick Up!

◯おすすめ度★★★★★地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク


◯おすすめ度★★★★☆《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

スポンサーリンク



便秘気味わんちゃん(犬)におすすめ!ジャガイモは消化にとっても良い食べ物じゃがいもの効用について

スポンサーリンク



わんちゃんにじゃがいもは上げても大丈夫ーーー。

フレンチフライやハッシュポテト、マッシュポテトなど、万能な食べ物であるじゃがいも。私たち人間にとってじゃがいもは栄養価も高く、健康的な物です。

このジャガイモは犬が食べても大丈夫ですが、よく知られている芽などには毒性があり、上げられない部位もあります。

そんなジャガイモをわんちゃんにあげる時の注意点を知って

理解を深めていきましょう!

では早速行ってみよう♬

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク



犬にじゃがいもは消化の良い食べ物で上げて大丈夫! でも「ソラニン」に注意

犬が食べても大丈夫な食材です。

ジャガイモの栄養素

じゃがいもには、ビタミンC、ビタミンB6、鉄分、マグネシウムなど犬に大切な成分が含まれていて健康的な食べ物です。

しかし、じゃがいもはナス科のため、ナス科植物に含まれる成分「ソラニン」という毒素には気を付ける必要があります。 

ジャガイモが持つ毒素

ソラニンは神経に作用する有機化合物(ステロイドアルカロイド)の一種で、緑化した表皮や未熟で小さいもの、傷んだものにも含まれます。

ソラニンには、コリンエステラーゼと呼ばれる成分が含まれており、胃腸の運動を阻害することが知られています。

他にもアルカロイド※、サポニン、トキシンといった有害な成分が含まれています。

※アルカロイドは重度の除脈を引き起こす事もある成分です。

ジャガイモ自体は食べれるのですが、皮や芽はきちんと取り除いて与えてあげましょう。 

じゃがいもは消化に良い食べ物

じゃがいもは水溶性の食物繊維が豊富なため、消化に良いとされ、便秘気味の犬にはおすすめです。

生ではなく、茹でたり、マッシュしてあげて与えてあげるとより消化しやすくなります。

しかし、油で揚げたフレンチフライやポテトチップス、バターや塩がついたじゃがいもは健康上、良くありません。 

じゃがいもの与え過ぎは肥満の元なので注意

じゃがいもを大量に与えると、炭水化物の大量摂取につながり、肥満になりやすく、それ以上に糖尿病になる可能性があります。 

もしダイエットさせたいならじゃがいもは避けましょう。

ジャガイモの毒性成分を摂取した時のアレルギーと症状を紹介

  • 散瞳
  • 頻脈
  • 口内乾燥
  • 呼吸困難
  • 腸閉塞
  • 尿閉および抑うつ
  • 麻痺
  • てんかん
  • 昏睡

じゃがいもの毒性成分を摂取した場合、主に中枢神経系の刺激がみられます。

また、軽度から重度の胃腸炎(口腔刺激、悪心、嘔吐およびしばしば血様性下痢)がみられます。

ジャガイモの毒性成分を大量に摂取した場合は昏睡や死亡してしまうこともありますので、注意しましょう!

検査・診断

血液検査や尿検査をすることが一般的です。 

治療法

一般的に、輸液療法により損失を補います。 

対処法・応急処置

あくまで個体差があるため、じゃがいもを与える場合は、少しずつ与えてあげましょう。

獣医師が的確な判断をすることが重要ですので、飼い主さんが食べたものや状況を正しく説明する必要があります。

まずは中毒の原因となったものを特定してください。

その上で動物病院へ連絡し、原因となったもののパッケージや、残りがあれば持って行くようにしましょう。致死摂取量は体重や状態によって変わるため、少しでも食べた場合は念のため獣医師に相談することを推奨しています。 

じゃがいもよりおすすめなのはサツマイモ &まとめ

じゃがいも以外にでんぷん質の野菜では、栄養価が高いサツマイモがおすすめです。サツマイモには、ビタミンAやビタミンC、ビタミンB6、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分など多くの栄養素が含まれています。

ジャガイモは、部位によって毒性が有り、人が食べても何らかの症状が出てきます。

体の小さなわんちゃんには、死に至事もあるので十分に注意していきましょう!

という事で、ステキなわんちゃんライフを

スポンサーリンク
スポンサーリンク